発酵生活

トップページ > 酵母とは?

酵母とは?

・酵母とは?
酵母とは、自然界の植物、樹液、花蜜、果物など、いろいろなところに生息する「菌」つまり「微生物」です。「カビや麹、乳酸菌や納豆菌」同様、有機物(食物)を利用して分裂しながら成長します。その状態のことを「発酵」といい、私たちはこの自然の力を利用して、古来よりビール、日本酒、ワイン等のお酒、漬物や納豆、味噌、醤油、酢、パンやチーズなどを作ってきました。

酵母のはたらき・酵母の働き
酵母は有機物(食物)に含まれる「糖質」をエサにして、それを「アルコール」と「炭酸ガス」に分解しながら、分裂、成長していきます。この状態を「発酵」と言います。
例えば日本酒は、お米に含まれる「糖質」を「清酒酵母」が「アルコール」と「炭酸ガス」に分解することで「お酒」になります。だから、完成間際の「どぶろく」はシュワシュワ炭酸があり、アルコールもまだ日本酒程高くないのです。その後、火入れをして炭酸が飛んで、日本酒の完成です。
パンも小麦の糖質を酵母が分解して、その炭酸ガスで生地が膨らむのです。同様に焼いたらアルコールが飛びます。

と言うように、酵母には、糖質を分解してくれるという、糖質過剰摂取の現代人には夢のような働きをしてくれる微生物なのです。

 

結わえる本店 スレンダー酵母e・b・g