玄米

トップページ > 玄米レポート「わたしと玄米」 > 磯部 文子様

上枠

上枠

磯部 文子様

①「玄米」と出逢ったきっかけ
10年ほど前、いろいろな体調不良(ひどい便秘、武田漢方便秘薬がないと出ない。冷え性、花粉症、肩こり、頭痛など)があり、ある治療院に通うようになったのがきっかけ。
そこでは治療の他に食事指導があり、お砂糖、牛乳、バター、添加物、精製された小麦粉がNGでした。その当時お米より断然パン!!小麦粉大好きでした。朝食パン、ランチもパンやパスタなどの小麦粉、おやつにハーゲンダッツアイスやキャラメルポップコーン、クッキー、あま~いお菓子が大好きで、よくデパ地下でスイーツを買って帰ったりしていました。
食生活を変えていき少しずつお米を食べ始めどうせお米を食べるのなら玄米の方がいいのではないか?と思ったのが玄米との出逢いです。

②最初の印象
美味しい!でした。
パンもふわふわなパンよりどっしり噛み応えのあるライ麦や全粒粉のパンが好きだったので違和感なく食べられました。

③なぜ「玄米生活」になったのか
料理教室に通うのが好きでいろいろと通っていましたが毎回白砂糖たっぷりのデザートを作り、和食ではどのお料理にも白砂糖が入り、白砂糖を極力やめるよう治療院から言われていたので 白砂糖を使わないお料理はないのかネットで調べていたときに初めて「マクロビオティック」の事を知りリマクッキングスクール初級中級に通ったのが玄米生活になったきっかけです。

 

④食生活
「BG」
社会人になってからは家で食事する事がほとんどなくなり、好きなものを好きなだけ食べる食生活に。
「AG」
玄米生活になってから変わった事は
薬は飲まない、添加物を摂らない、有機無農薬のものを、調味料にこだわる、乾物、豆、海藻をよく頂くようになったなどまだまだ沢山ありますが食生活が大きく変わりました。

 

⑤体調、体型、美容等 からだのこと
「BG」
10年ほど前、いろいろな体調不良(ひどい便秘、武田漢方便秘薬がないと出ない。冷え性、花粉症、肩こり、頭痛など)あり。
「AG」
薬を飲まないと出なかった頑固な便秘は治り、冷え性も治り、花粉症も治りました。洗顔後すぐに化粧水、乳液、クリームを塗らないと肌がつっぱりカサカサしたりしていましたが、肌の調子がよくなり化粧水などはたまにお化粧をするときにつけるくらいで普段は洗顔後何にもつけません。

 

⑥食、健康、そしてその他様々なことに対する考え方
自分の身体の事を何にも考えた事がなかったけれど、考えるようになりました。
風邪、頭痛、腹痛、胃痛などの様々な症状がでたらすぐに薬を飲み、疲れたと思ったら栄養ドリンクを飲み、と薬に頼っていたのが全く薬や病院のお世話になる事がなくなりました。

身体に触れるものは自然なものになりました。
ナイロンのかわいいフリフリ下着からコットンかシルクに、洋服もナイロンやポリエステルのものは直接肌に触れないものに直接触れる洋服はコットンかシルクに、洗顔、洗髪、歯磨き、石けん、化粧水なども自然なものを、お掃除も重曹やクエン酸、アルカリなどと身の回りも自然なものに変わっていきました。

コンビニやデパ地下大好きでしたが、添加物や砂糖が入っていない食べ物はほとんど買えないので行く事はなくなり、自然食品店で食材を買い、食べものは作るようになりました。

 

⑦その他 良かったこと悪かったことなど、想うこと何でも
玄米の存在を知ってから食生活や身の回りのもの、体調、考え方まで大きく変わりました。
知らないで変わらない生活をしていたら、、、と思うと恐ろしいです。