結わえるオンラインストアはこちら

株式会社結わえる 田口 明香

サイトマップお問い合わせ

玄米

トップページ > 玄米レポート「わたしと玄米」 > 株式会社結わえる 田口 明香

上枠

上枠

株式会社結わえる 田口 明香

①玄米と出会ったきっかけ
友達とランチに行った店に白米、雑穀米、玄米がおいてあり初めて口にしました。

②最初の印象
へーこれが玄米かー、べつに悪くないな、なんでこれが体にいいんだろう??

③なぜ玄米生活になったのか
食育講座を受けたことがきっかけです。
子どもに向けた食の教育やイベント型の食育が多い中で、私が受けた講座は食と健康の真実を学べるものでした。食で病気にもなれるし健康にもなれると知りました。
食の様々な情報が氾濫している中で選択できる知識がつき、「まずは自分の体で
体感しよう」と思い玄米食を始めました。

④食生活
BG
もちろん白米。
外食も自分で作るのも美味しくて安いもので選んでいました。
和食が好きで家では基本和食です。
辛いのが好きでなんでも辛くする傾向があったかも。
あとは煮物と納豆が大好きで、1回の食事で煮物だけをどんぶり1杯食べたり、
1回に納豆を6パック食べたりして満足していました。笑

他は、内容関係なく30品目なるべくとろうと心がけていたし、体力をつけたいから肉も食べるようにしてたし、骨を丈夫にしたいから牛乳も飲むようにしたり、炭水化物は太るから米は少なくおかずを多く食べていました。
内容は気にせずカロリー重視でしたね〜。
野菜もとらなきゃ〜と思えばコンビニでサラダを買って食べていました。
あとは体にいいと聞けば色々食べていました。

添加物や調味料も全く気にしていませんでした。

AG
玄米とみそ汁、おかずは季節の野菜や魚を基本食にしています。
間違いだらけのうわべ健康食から、身体の軸をつくる食事へと変わりました。

白米を玄米に。
調味料も『〜風』のもどきから本物に変えました。
煮物と納豆も玄米の量をオーバーしないようにしました。
コンビニサラダではなく、旬の野菜を食べ、お肉も食べない、カルシウムだけみた牛乳もやめました。
カロリー重視もなくなりました。
添加物はほとんどとっていません。 
もちろん30品目目指すのもやめ、玄米の量を多くして、おかずがご飯の量をオーバーしないようにしています。

 

⑤体調、体型、美容などからだの事
BG
体調は、
風邪は引きにくいですが、疲れやすかったり怠くなりやすかったです。
常に便秘で薬をのんでいました。
睡眠も浅く、頭痛や肩こりもありました。
また20歳位から急に目眩がして息がしずらくなり変な汗をかいて倒れる事があり、パニック障害と言われました。いつ発作がくるか分からないので毎日薬を飲んでいました。

たまーに風邪っぽいなと感じたらすぐに薬や抗生物質を飲んで対処していました。
杉の花粉症も高校生の時から続いていて薬。 またもや薬。。。
薬さまさまでしたね。

体型はもともと食いしん坊で胃も丈夫だから食べ過ぎてしまい体重が増えやすかったです。
戻すために夕飯を抜いたり、次の日食べなかったりしていました。
が、年々体重の戻りが遅くなっていくのを感じ焦り始めました。

AG
便秘が治りました!一番の感動です!
疲れや怠さも感じなくなりましたし、肩こり、頭痛もなくなりました。すごい!

睡眠の質も以前より良くなり、寝れなかったら無理して寝なくてもいいやと思えるようにもなり精神的に楽になりました。
少しずつ体の不調が治っていきポジティブに考えられるようになったんだと思います。

勉強して、薬に抵抗を感じるようになり薬を飲むのをやめました。
いつのまにかパニック障害の発作もなくなり、風邪っぽいなと感じたら小食にして早く寝て治せるようになりました。
花粉症はまだ治りません、乞うご期待。もちろん薬は飲みません。

食をコントロールできるようになってから体重の増加も減りました。
食い意地張った時は増えますが、基本食に戻せば無理なく自然に戻るので焦らなくなりました。

 

⑥食、健康、そしてその他様々な事にたいする考え方
BG
んーなにもかんがえていなかったです。
何で病気になるのか、不定愁訴が起こるのか、普段食べている食が大いに関わっているとは思いもしなかったですし、ただただ目の前にある美味しいもの、食べたい物を食べていました。

AG
わたしたちの身体は食べた物でつくられているんだなと改めて感じる事ができました。
食の乱れは体と心も乱す。
健康を管理できるのは自分なんだと気づく事ができました。

また食をとりまく環境にも目がいくようになりました。
世界各国の食材が安くなんでも手に入り、国も季節も無視して食べている事。
こめよりもパン、パスタ、ラーメンなどの粉食が主食に多くなっていたりと、日本の食文化が乱れている事。
大量生産される家畜たち。
食糧自給率40%しかなくあとは海外に依存。
農地、農業者の減少。
など、私たち消費者が現状を知り食生活を見直して、改善していかなければならないという考えを持つようになりました。

⑦その他
メディアではコレを食べれば健康になれる!という食品やサプリメント、情報がたくさんあります。
私も日本の伝統食、玄米の基本食を体感して学ばなければ情報に流されたままだったし、身体の不調も薬などで紛らわし無視する結果だったと思います。
自分が心身ともに健康でなければ人を想う事もできないし、自分がしあわせを感じてなければ人に本当の笑顔で接することもできないと思います。
家族、友達、まわりのみんなが健康で楽しく、より良い人生を歩めるように自分の体験や学んだ事を伝えていきたいと思いました。
ほんものをみんなで共有できたら、少しずつでもつながっていけたら、大きくみて社会も変わっていくと思います。