七号食の注意点

サイトマップお問い合わせ

七号食

トップページ > 七号食の注意点

玄米

七号食の注意点

「瞑眩反応(めんけんはんのう)について」

七号食をすると様々な身体の変化が表れます。
身体が軽い、寝起きが良い、痩せた、肩こりが治った、肌が綺麗になった、便秘が治ったなど、良い変化がたくさん起きてきます。

しかし、逆に良くない症状が出る場合もあります。 ただ、そうなった時にその症状がどういう状況でなぜ起きているのかを知っておくことが重要なのです。 便秘になる、湿疹が出る、だるい、眠い、無気力、肌がかさつく、冷える、肌の色が土色になる、ふらふらする、頭痛がする、イライラする、体臭が臭くなる、便が臭い、普段痛い身体の痛みが増す・・・このような症状が出る人がいます。

これらは今までの身体から、新しい(本来の)体質へ改善されていく課程に起こる現象で、瞑眩(めんけん)反応と言います。 分かりやすく言うと好転反応です。

原因は大きく5つあります。
① 排毒作用
② 自律神経の影響
③ 血行改善
④ 食事量の少なさ
⑤ 普段の糖分過剰摂取

これらはすべて体質が改善されている証拠でもあります。寝かせ玄米くらぶ(完全無料)に入会して頂ければ好転反応が出たときの対処法や実践者のレポートが複数閲覧することができます。

七号食に関するQ&Aやコラム、掲示板、玄米の美味しい炊き方等をご覧になりたい方は寝かせ玄米くらぶ(完全無料)へ入会して頂ければと思います!



寝かせ玄米くらぶとは?


寝かせ玄米くらぶメンバーになる