玄米

トップページ > 玄米レポート「わたしと玄米」 > 福田博明様

上枠

上枠

福田博明様

①「玄米」と出逢ったきっかけ
3年前の冬、妻が用意するご飯(白米)に少し玄米が混じっていたが、
それは単に興味本位で混ぜているのだと思っていた。
いずれ白米に戻ると思っていたが、逆に玄米の量が増えていっているようだ。
食事は妻に任せているので、あまり口出ししないでいたら、
2〜3月ぐらいで全量が玄米になってしまった。

②最初の印象
最初、おそらく1〜2割程度の比率だったので、
味わいはあまり変わらないが異物感があったぐらいかな。
私は好き嫌いが全くなく、素材を楽しむ方なので、
玄米というものをよくかんで楽しんでいた。

③なぜ「玄米生活」になったのか
今まで何でもヘビのごとく丸呑みしていたのを、
かんで口の中でおいしく仕立てて、飲み込む習慣ができたことが、
玄米生活になった理由。
おいしいものを食べるも大事だけど、口の中でおいしくして食べるの方が
もっと大事かな。
そして玄米の素晴らしさ、重要性などなど理解していくごとに
ますます玄米の虜になって行ったという感じ。

④食生活
「BG」今考えると暴力的(胃腸に対して)な食事だった。
味が濃ければ濃いほど好き、もちろん揚げ物、マヨネーズ、ソースは大好き。
いつも好んで食べていた。もちろんアルコールも毎日。

「AG」もちろんほぼ玄米。これをきっかけに食を学んだこともあり、
海苔など海藻、野菜が中心の食事。魚介類は少し減、肉類は半減以下。

⑤体調、体型、美容等 からだのこと
「BG」慎重175cmに対して、体重が74〜75Kgあったので、少々太り気味。
体脂肪率が24%と標準ぎりぎりセーフの数値。脂肪分が18Kgあった。
体温も35.5℃ぐらいと低かった。

「AG」半年ぐらいで体重が62Kg〜63Kgになる。体脂肪率が11%ぐらい。
脂肪分が7Kg程度。体重が減った11〜12Kgがこの脂肪分減少分と同じぐらい。
体温も36.5℃ぐらいと1℃も上がり、キープしている。

⑥食、健康、そしてその他様々なことに対する考え方
以前は、体には自信があったこともあり、食には無頓着であった。
食を学んだことで間違いに気付き、それを正し、さらに良くなろうと考えた。
好きなもの・おいしいものを食べて楽しむことより、
食の原点をみつめ、素材、料理、調味料などなど幅広く食を理解し、
それを元に食全体を楽しむ、
これが体が求めているものを口にすることにもつながると思う。

⑦その他 良かったこと悪かったことなど、想うこと何でも
今まで走ることが好きで、年に数回マラソンのレースに参加していた。
それに向けてそれなりに走ってはいたが、なかなか体重が落ちない。
何も運動をしていない同級生たちより、体脂肪率はあるのはおかしいな、
体質に原因もあるだろうが、やっぱり食事だったのではないかと思っている。
玄米食にしてから、体がかなり絞られたので、走ると体の軽さがよくわかる。
時折、膝を痛めていたが、今はほとんどなくなり、
レースのタイムも走るごとに自己記録を更新している。
ハーフでは2〜3分、青梅の30Kで7〜8分、フルで11分。
今度はロンドンオリンピックを目指そうと思っています。