及川セイ子様

サイトマップお問い合わせ

玄米

トップページ > 玄米レポート「わたしと玄米」 > 及川セイ子様

上枠

上枠

及川セイ子様

私は事務の仕事をしています。私には3人の子供がいますが3人とも帝王切開です。

残念ながら普通には産めない身体だという事で覚悟のいる出産でした。12才の時の盲腸の腹膜炎(癒着)と帝王切開の癒着が重なり痛みの毎日が続いていて痛いと言う言葉が毎日何回もでてました。

顔色が悪く疲れがひどく日に何度も横にならないと1日が持ちません、その繰り返しを50数年間してきました…これが私の生き方でどうすることも出来ないとも思っていました。あげればきりがない。

色んな方との出会いがあり玄米と出会う事ができ、最初は食べ物で体質が変わるわけが無いと思っていたのですが、柔らかい玄米と15穀米を食する事によって私は痛みの少ない日々を送ることができました。

また気持ちも明るく振る舞うのではなく、明るくなりました。

疲れも少なくなり横になることもほとんどなくなりました。

以前は体内時計が狂っていて10時でないと目が覚めませんので朝起きれないのです。

今は5時〜6時の間に起きていますよ!

食事の食材のあり方、食べ方、食材の選び方等々ありますが、身体の免疫力を付けることが大事です。私は免疫力が無いに等しかったのでつけるのに3年かかりました

今は身体がとても軽く肌も顔色も良くなりました、3年前の生活がなんだったのかわかりません。と言いますか

食事がそれも身体に栄養を与えてくれる玄米を身体が要求していたのだと私は思っています。
白米は栄養が取り除かれています。

玄米に出会えて本当に良かったです。
元気になって嬉しいです。
人生に喜びがあることに感謝です。