玄米

トップページ > 玄米レポート「わたしと玄米」 > 田口 祐子様

上枠

上枠

田口 祐子様

①「玄米」と出逢ったきっかけ
玄米が身体に良い!と情報としては聞いていましたが、何がどのようにと言うことが娘からの説明を受け良さが解り、玄米食に切り替えました。

②最初の印象
初めて食べた時は、今までの噛む回数の少ないクセのせいか、白米のような甘みが感じられず、粘りもなく、続けられるか少し不安がありました。

③なぜ「玄米生活」になったのか
玄米生活に変えたのは、体重が増えたことと、健康でありたいと強く思った時期でもあったため。

④食生活
「BG」
それまでの食生活は勿論白米を一日二合は食べていて、意識して噛むということもなく、早食いで、味付けも濃く、味噌・醤油も出汁入りを使用して、食材本来の味をも消していたように思う。
「AG」
娘からのいろいろな情報を得てからは、玄米を良く噛むことでうま味を感じられ、味噌・醤油の香り、味も分かるようになり、以前より薄味にも慣れ、食材一つ一つを味わうことが出来るようになりました。

⑤体調、体型、美容等 からだのこと
「AG」
体調はほぼ毎日快便で風邪もひきますが、悪化することもなく、仕事も休まず毎日を送れています。
体型は、1〜1.5キロは増えたりもしますが、以前のように4〜5キロの変化はしなくなりました。
結果的に5キロ減です。
おしゃれも楽しいです。
肌も以前より透明感が出てトーンが明るくなったと言われます。
良く噛むことでフェイスラインもすっきりしました。

⑥食、健康、そしてその他様々なことに対する考え方
食について思うことは、「口からいかに安全で、心身の健康の為に何を摂るかが全ての源になっている」ということで、とても大切なことだと思います。
自分が玄米生活にして毎日こうして健康でいられるようになって約一年半、周りの人達が不調を訴えた時には、「とりあえず、玄米にしてみたら!」とおすすめしています。
もう10人が玄米生活に切り替えて、嬉しい変化のメールが届いています!

⑦その他 良かったこと悪かったことなど、想うこと何でも
家庭での食事は女性が中心ですから、もっともっと正しい食のあり方を学んで欲しいと思うことと、希望としては、小学生の教育の一環に取り入れたら嬉しく、いろんな意味で早道だと思います。