雑穀米の効果・効能

サイトマップお問い合わせ

玄米

トップページ > 雑穀米の効果・効能

上枠

雑穀米とは?

雑穀米最近は雑穀や十五穀米などを食べている人が増えてきました。雑穀とは、アワ、キビ、ヒエ、赤米、黒米などのイネ科の穀物の総称(豆類を含む場合もある)で、雑穀という種類はありません。過酷な環境条件でも育つため、縄文時代前期(今から約5千年前)から日本人の主食として栽培されていました。その後、江戸時代になり稲作技術が発展し、少しずつ「お米」が増えていきました。それでもまだまだ農民は作ったお米を年貢で収めるのが精一杯で自分たちは雑穀を食べていました。こういった状況はそんなに昔のことではなく、6〜70年前くらいまでは一般的でした。白米100%を食べるのが普通になったのは、戦後豊かになってからです。
だから、お年寄り、農村の人ほど、「貧しさの象徴」である、「雑穀や玄米」を嫌うのです。今は「豊かさの象徴、健康食の代表」になりつつあるなんて面白いですね。とは言え、「雑穀を食べている!」という方のほとんどの場合が白米に一割程度混ぜている程度だと思います。一割だと入れないよりは良いですが、あくまで一割程度の栄養摂取です。逆に五割も入れたら超高級ごはんになってしまいます。よってまずは白米を玄米や分づき米に変えるところからスタートしてください。そしてそこに、お好きな味や食感の雑穀を混ぜれば、より美味しく、より栄養価も高いご飯になります。また、雑穀はお米と違い、野生に近く、非常にパワーがあるため、より元気になります。美容効果も高いです。

寝かせ玄米くらぶでは感動的に美味しい玄米の炊き方を紹介しております。食べログでも高評価を受けている寝かせ玄米の詳細はこちら

寝かせ玄米くらぶとは?

寝かせ玄米くらぶメンバーになる