30代女性モノ書きさんの場合

サイトマップお問い合わせ

七号食

トップページ > 七号食体験レポート > 30代女性モノ書きさんの場合

上枠

上枠

30代女性モノ書きさんの場合

名前…オランジェ
性別…女性
年代…30代(埼玉県在住)
職業…モノ書き
七号食前日の心境…『ホノルルマラソンとどちらが辛いだろうか。。』

★スタート日…6月10日

★七号食中、心がけていたこと
 ・ひと口50回~100回噛む
 ・寝る4時間前には食べ終える
 ・飲み物は水だけ

【1日目~4日目】普段から玄米を食べている為、「余裕かな~?」と思っていました。が!
【5日目】 なぜか暖かい玄米の香りやごまの風味が凄く辛くなり
【6日目】 生まれて初めて玄米が嫌いに。。。(笑)
【7日目】 時間が空きさえすればネットでグルメ情報を探す始末(笑)
【8日目】 無駄なあがきをすることもなくなり、
【9日目】 心が凄く平穏になる
【10日目】最終日が来たことが何だか悲しくなると同時に清々しい気持ちに。

★結果
 1日の平均玄米量 …335g
 1日の平均カロリー…550kcal
 10日間の体重の変化 …±0

★七号食中の体調の変化
 ①なぜか三日間くらい舌がビリビリしびれた
 ②よ~く噛んでいたせいか空腹を感じなかった
 ③お通じは毎日あったがとにかく量が少なかった
 ④中盤から尿の色が麦茶のように。。
 ⑤香り、匂いにとても敏感になる
 ⑥ほんの少しだけ、ミイラの気持ちがわかった。。(笑)
 
★総評
 まず、5日目から7日目にかけては『私は案外、根性無しだ…』と自覚しました(笑)
 でもその気持ちを乗り越えて迎えた9日目と最終日は
 『本気で願ったことは必ず成功する!』でした(大げさで済みません 笑)
 で、私は普段から体重の変化をグラフに付けているのですがそうすると女性ホルモンの変化も
 自然とわかってくるので今回は実験的な意味も込めて、『1ヶ月のうちで最も体重が増える10日間』に
 照準を合わせて七号食にチャレンジしました。
 
女性の方でグラフをつけてらっしゃる方はご存知だと思うのですが男性と違い、
女性は月経の影響もあり、1ヶ月周期の中で必ず痩せやすい時、太りやすい時があり、
私は毎月決まって生理終了から6日目~14日目くらいに体重がほぼ100%の確率で
0.8kg~1.5kg増えるんです!

そして、そのあと緩やかに体重がもどって行くのです。

ところが!

今回はその最も体重が増える時期に七号食を実行したおかげでなんと全く体重が増えず、
グラフは横一線に。。こんなことは初めてでした。


そして七号食終了と同時に今まで経験したことのないような
体重の減少が始まり、ビックリしました


結果、今までは1ヶ月平均1kg痩せていたのが今回は1ヶ月でなんと4kg近くも体重が落ちました!
そして、七号食をやり抜いたおかげで改めて玄米、そして普段口にしている野菜の味噌汁の
有り難さを痛感しました。


終了後の翌朝、人参と人参の葉と水をミキサーにかけて酵素ジュースを作りましたが、その甘いこと!
砂糖が入っているんじゃないかと思うくらい甘く感じました。

そしてお昼に作った野菜のお味噌汁!
前日から煮干しのだしを準備し、軽く火を通した野菜に蔵前のお店で購入したお味噌を溶いて、ゴクリ。。。
『こんな美味しい物があるんだな~。。』と幸せになりました。

実は、20代の頃からストレスなどで物凄く体重の増減に悩まされていて(恥ずかしいんですけど)
なんと80kgもあったかと思えば42kgまで落ちたりと、ストレスと自分の弱さで凄く心と体を
酷使していたなって今になって思います。

そう言うことがきっかけで、食を見直して今の生活に至っているんですが先月、蔵前のお店と出会い、
そして七号食を知ることができ、今回は本当に良い経験をさせて頂きました。

昔は雑誌に踊らされて無謀なダイエットもしていましたが今は自分に何が必要か、少しずつ
わかるようになりました。

「これさえ食べていれば」「これさえ飲んでいれば」
「これさえ身につけていれば、絶対太らない!」
なんて言葉、もう気にもとめなくなりました(笑)

本当に痩せたいと思えば、流行のダイエットの雑誌よりも健康や食、医療に関する本を買うようになったし、
蔵前のお店を知るきっかけになったのもそう言う本でした。
地産地消を意識したり、旬の物を食べる大切さを初めて知ったり「人間の歯がこういう風に
構成されているのには食べる物と深い関わりがあったのか!」
と知り、園児みたいに喜んだり(笑)


この歳になってこういう事を学ぶ事が何だか不思議で楽しくて、そして
「何でもっと小さな頃から食育を浸透させないんだろ?」
という疑問も色々わいてきました。

そして何よりも『心が豊かじゃないと楽しく痩せられない』と気付きました。
42kgまで痩せた時の自分は「スタイルが良い」とはほど遠く、ビョー的で全く女性としての魅力が
なかったと思うし、80kgまでふくれあがった時は自己嫌悪で自分が大嫌いに。
自分だけじゃなく、世の中まで嫌いになったり(笑)

コンプレックスを隠そうとすればするほど、内面にある嫌な部分が表に出てしまったり。
なので今はコンプレックスを(無理やりですが)チャームポイントに変えて骨盤が張っているのが
恥ずかしいからと洋服ですっぽり隠さず、ウエストを絞って峰不二子ちゃんみたいになろうとか(笑)
前向きに考えるようにしています。

そういう経験もふまえて、楽しく健康的に痩せたいなら『存在しない魔球にすがらず、
ポジティブに好奇心を持って楽しく正しい知識を学ぶ』

と言うのが自分にとってはとても大切で、七号食からも改めてそう言ったことを学びました。

けど、素人なので自分が正しいと思っていることが
実は正しくないってことも沢山あると思います。(笑)
そう言うことも含めてまだこれから勉強したいことがいっぱいです。

基本的にお金をかけることが好きじゃないケチんぼですが、
お店の人が愛情を持って説明してくれる(作っている)お野菜や商品には惜しみなくお金を使いたいと
思うし、素敵なお店があれば電車代を出してでも行きたいと思う。
それで自分の心が満足して、ストレスの少ない生活のエッセンスになれば仕事もプライベートも
うまく行くような気がする
、と思っています(笑)

七号食を実行したことで、体の変化だけじゃなくて自分自身を見つめる時間も持てました
で、本当に「食べたい物を食べれる時代に生まれた自分はなんて贅沢なんだろう」
「贅沢三昧=幸せじゃないんだ」と実感
しました。

『基本食を感謝の気持ちで頂けることってなんて素敵なんだろう』
という思いが自分の中に根付いた事が一番の収穫だと思います。

私は自分の作品で、『食の大切さ』そして
『誰かが自分の為に愛情を込めて食事を作ってくれることの有り難さ』
『一緒に ”美味しいね” と言ってくれる誰かがいることの素晴らしさ』
みたいなものを世の中に伝えられたらなぁ~、と思って
あぐらをかきながら執筆しているんですが(笑)
その私の願っているラインと蔵前のお店の方々の食に対するラインがどこかで交わることがあったら
とても素敵だな、と思います。

とにかく、
『食べる事が大好き、美味しい物を探しに行くのが大好き!』
なので、自分が見つけ出した物を美味しく頂く為にもこれからも定期的に七号食を取り入れて
行きたいと思います。

今回は七号食にチャレンジするきっかけを頂き、ありがとうございました(^^)